2020年04月09日

週刊少年マガジンの人気連載が読めるマンガアプリ・マガジンポケットの評判

マンガアプリ・マガジンポケットでは、週刊少年マガジンに掲載されているマンガを一部無料で読むことができるので人気ンがあります。




現在連載されている作品に加え、過去のマガジン名作作品まで掲載されているのもポイント。



連載されているものの中には、オリジナル作品があったりとクオリティーも高いと高評価。



マガジンポケットでしか読めないオリジナル作品も多数連載されていたり、23時間で回復されるレンタルチケットのシステムのお陰で長期連載のマンガを毎日読めるのも嬉しいですね。



チケットは特定の作品に1枚ずつ配布されているのですが、チケットを1枚消費する事でその作品のエピソードを無料で読む事ができます。




消費したチケットは23時間後に回復して、再びチケットを使って読む事が可能になります。








そんなマンガアプリ・マガジンポケットの評判や口コミ



うーん、悪くはないんですが、マガジン専用としては、他の漫画アプリにくらべ、ポイントが高いと感じるのはきのせいかなぁ。。

最新話なら、まぁわかるが、古いものは、もう少しまとめて読めたらいいのにね。。



読み忘れたのを、簡単にスマホで読めるのは有難い。ただポイント制なのはいいが、もう少し利用する側の立場になって、費用を5〜8割引きにすべきと考えます。



4ヶ月毎日読んでると、やっぱ慣れるもんなんですね、最初このアプリ入れたときは、1日一回しか、読めないのか..と、思ったのですが、日に日に1日一回が調度良く、このアプリのおかげで、自分の知らない漫画が知れて良かったですし、他のアプリには、無い漫画をたくさん、入って居てまた、そこがマガポケの良い所なのかなーと思います。



ただポイントがなかなか堪らなく、面白い漫画を見つけた時ポイント表示だらけで、ちょっとショックでした。なので一週間に一回ポイントガチャなど、ポイントが増えて、(嬉しい!)など起こるイベントなどを作った方が人が増えたりCM宣伝もまた、出来ると思いますし☺️✊‼️




20ポイントで読めるものもあったり、中には150ポイントのものがあります。


作品ひとつに共通のが一つだけであり、下手に開くと先の話のネタバレが用意されていたりするそうです。



広告動画のバナーがすぐ押せる場所にあったり、動画を見た後にもチラチラ表示され、動画が無く、不具合のように感じることがあります。

























posted by omega at 12:12| Comment(0) | おすすめのマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

書店員が選んだ2019年に読みたい大童澄瞳 の漫画「映像研には手を出すな」を紹介

書店員が厳選して50冊の中から選んだ2019年に読みたい漫画5位に「映像研には手を出すな」が選ばれました。



「月刊!スピリッツ」に連載の本作



浅草みどりはアニメ制作がやりたいが、一人では心細くって一歩が踏み出せずにいたが、同級生のカリスマ読者モデル、水崎ツバメと出会い、実は水崎もアニメーター志望なことが判明する。さらに、金儲け大好きな旧友の金森さやかも加わり、「最強の世界」を実現するため電撃3人娘の快進撃が始まる。




 

アニメ制作に青春を捧げる女子高生の物語でTVアニメ化と実写映画の製作が決定している作品です。


















posted by omega at 11:47| Comment(0) | おすすめのマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

「電子コミック大賞2020」に「GIGANT」がエントリー

>コミックシーモアより、みんなが選ぶ「電子コミック大賞2020」にエントリーしている『GANTZ』『いぬやしき』の奥浩哉が描く最新作『GIGANT』について。





常に新しい漫画表現に挑戦してきた漫画家・奥浩哉の完全新連載は、ボーイ・ミーツ・ガール!? 映画監督を目指す高校生・横山田零はある日、大ファンであるAV女優・パピコを中傷する貼り紙を町で見かける。夜、その紙を剥がす彼の前に、パピコ本人が現れる。全てはAV女優・パピコと高校生・零の出会いから始まったボーイ・ミーツ・ガール。



「電子コミック大賞2020」では「次に来るヒット作品はこれだ!」と思う作品に投票して、みんなで大賞を選ぶというもの。



各部門1回ずつ投票することができ、コミックシーモア公式Twitterをフォローしたうえで、投票すると抽選でポイントや出演者のサイン色紙がもらえる。期間は11月30日23時59分まで。











posted by omega at 18:08| Comment(0) | おすすめのマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする