2020年05月15日

劇場版アニメ『世界一初恋〜プロポーズ編〜』の内容

2020年2月21日に劇場にて上映された劇場版アニメ『世界一初恋〜プロポーズ編〜』の内容。




Blu-ray&DVD パッケージ.jpg



物語は、高律からトリチア、雪木佐から桐横と続きます。


高律のシナリオで登場人物の紹介(千秋雪名以外の丸川書店組)を説明してスタートします。



アニメよりも作画がパワーアップしているのは、驚くかと思います。



ただ、原作から入ったファンからすると、は結構チグハグな設定なためシナリオも、もやもやするかもしれません。



新規映像が少なく、映画の時間配分としては20〜30分くらいのプロポーズ編+投票で上位にランクインしたエピソードをオープニングとエンデングをカットせず丸々流し上映するという映画になっています。



それぞれのカップリングのキャラクター同士の話が詰め込まれ、20〜30分なのでそれそれが短いです。


最初の5分くらいはキャラクター紹介に時間を使っているのでそれぞれのカップリングののエピソードが4〜5分くらいで終わります。


後半の投票で上位ランクインしたエピソードを流すというのは、ファンにとっては良いと思います。



『世界一初恋〜プロポーズ編〜』では 
出版社・丸川書店エメラルド編集部に勤める少女漫画担当の編集者・小野寺律は、「初恋の人」で「元恋人」でもある編集長・高野政宗の部下として、恋に仕事に毎日少しずつ成長していく。

ある日、結婚式を挙げた他部署の社員から、律を含めたエメラルド編集部全員が二次会へと招待される。





2020年6月26日(金)には、劇場版アニメ『世界一初恋〜プロポーズ編〜』のBlu-ray&DVDをリリース。



アニメイト全店(通信販売含む).jpg



購入者に用意されている法人別購入特典 


 

『世界一初恋〜プロポーズ編〜』Blu-ray&DVDの特典映像と毎回特典 
原作者の中村春菊描き下ろしイラスト使用三方背BOXやキャラクターデザイン・菊地洋子描き下ろしジャケット、ブックレット
劇場入場者にプレゼントされた「世界一初恋〜プロポーズ編〜後日談」(漫画を中村春菊)掲載。


2020年2月16日(日)に開催された近藤隆(小野寺律役)・小西克幸(高野政宗役)が出演する完成披露上映イベント舞台挨拶映像(約20分予定)と.特報・PV・CMを収録。








 
posted by omega at 19:48| Comment(0) | DVD・Blu-ray | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

舞台「憂国のモリアーティ」Blu-ray/DVDが、新型コロナウィルスの影響により発売延期

舞台「憂国のモリアーティ」のBlu-ray/DVDが、新型コロナウィルスの影響により発売延期。




TVアニメ化版のティザービジュアル第2弾.jpg



発売日の詳細が決まり次第、モリステ公式ホームページとTwitterで発表。




「ジャンプSQ.」(集英社刊)連載されている「憂国のモリアーティ」。





ティザービジュアル第2弾には、ベーカー街221Bに集うシャーロック・ホームズ、ジョン・H・ワトソン、ミス・ハドソンら、シャーロック陣営、公開中のモリアーティ3兄弟を描いたティザービジュアル第1弾と対になっています。





構成を竹内良輔、漫画を三好輝が手がける本作
  
19世紀末が舞台。産業革命が進む中、着実に勢力を拡大し栄華を極めたイギリス。

しかし技術の進歩と発展とは裏腹に、古くから根付く階級制度によって、人口の3%にも満たない貴族たちが国を支配していた。

当たり前のように特権を享受する貴族。明日の暮らしもままならないアンダークラス。人々は生まれながらに決められた階級に縛られて生きている。

ウィリアム・ジェームズ・モリアーティは、腐敗した階級制度を打ち砕き、理想の国を作り上げるために動き出す。シャーロック・ホームズすら翻弄した“犯罪卿”モリアーティが、犯罪による革命が、世界を変える。








ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 のビジュアルとチケットスケジュールの詳細も告知され、ジャンプSQ.(電子版)が0時に配信を開始。











posted by omega at 20:03| Comment(0) | DVD・Blu-ray | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

Blu-rayとDVDの画質の違い 

Blu-rayとDVDの画質に違いはある?



Blu-rayは1920×1080、DVDは720×480。



解像度がBlu-rayとDVDでは全く異なるため綺麗な映像にこだわるならBlu-rayを選ぶしかありませんね。



DVDは地デジより画質が悪く、Blu-rayは地デジより画質が良いので、普段見ている地デジ以下の画質で構わないならDVDを選ぶといいです。



DVDとBlu-rayの差額が1000円程度なら高くてもBlu-rayを選んでしまうのは画質に違いがありすぎるから。



地デジの画質で「満足できる」というなら無理にBlu-rayは勧めません。


ただ、DVDの画質は地デジに劣るので選ぶ時に画質を落としたくないならBlu-rayを選んだ方が良いという結果になるんですね。



視聴するテレビが32型V以上ならDVDの映像は引き伸ばされて出力される為に粗さが目立ちます。








そういう細かい事が気にならない、そもそも32型V以上のテレビで視聴はしないというならDVDを購入することも検討しないといけないかも

しれません。




Blu-rayの方が特典が沢山付属されることが多く少し高くても満足度が得られやすいです。



特典はグッズだけでなくオーディオコメンタリーや映像特典なども加わる事があるので画質だけでDVDを選ぶと結果的に損をする場合もあります。



購入前にDVDとBlu-rayが両方ある作品は収録内容や仕様を確認しといた方が良いです。


DVDには本編の映像だけでBlu-rayには特典映像が付いてくるとなると、Blu-rayを買わないと見れない映像が出てきてしまうので買う前には必ず確認する必要があります。


解像度が違い、その分きめ細かく表現されてはいますが、モニターの解像度や人の価値観によって変わりない、 
と思えるかもしれません。









posted by omega at 11:51| Comment(0) | DVD・Blu-ray | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする