2020年09月23日

ヤングジャンプに連載の『少年のアビス』と魔法のiらんどとの短編小説コラボコンテストがスタート

ヤングジャンプに連載の『少年のアビス』と魔法のiらんどとの短編小説コラボコンテストが開始。




これは『少年アビス』コミックス第2巻の発売を記念して魔法のiらんどとコラボしたもので、
コンテストのテーマは「私のアビス」とイラスト部門として、8000字程度の小説を募集。



『私のアビス(深淵)』をテーマに、(下限なし〜)8,000字程度を上限とする小説やエッセイを、『少年のアビス』漫画内のこのワンシーンから自由に連想した(下限なし〜)8,000字程度を上限とする小説やエッセイを募集。




大賞受賞作品には峰浪りょうが漫画化し、コメントがもらえる。







何もない町、変わるはずもない日々の中で、ただ生きていた高校生の黒瀬令児。家族、将来の夢、幼馴染。そのどれもが彼をこの町に縛り付けている。このまま“ただ”生きていく、そう思っていた。彼女に出会うまでは。
  
となりのヤングジャンプより







受付期間は、2020年10月2日(金)13:00 から10月30日(金)13:00投稿分。






大賞
  
作品を元に、漫画家・峰浪りょうが数ページの短編漫画を描き下ろし、魔法のiらんど等にて発表予定。
1名




部門賞

『少年のアビス』複製原画

テーマお題 応募作品より1名 イラストお題 応募作品より1名




参加賞

受賞されなかった方の中から抽選で10名に「峰浪りょう直筆サイン入りミニ色紙」を進呈。







こんな作品を求めています
今、現実を一生懸命生きるということだけで、大変な時代が来ています。
『少年のアビス』の主人公・黒瀬令児の周りにも、様々な“生き辛さ”が蔓延っています。

「地方格差」「貧困」「介護」「シングルマザー」「就職」「引きこもり」「いじめ」「LGBTQ」etc.。

全てではなくとも、誰しもがこういった課題に直面しながら、生きようともがいているはずです。
この作品は、「死にたいから、死ぬ」という単純なバッドエンディングなものではありません。

ぜひご自身の体験や、問題意識から紡がれる作品世界の中で、一筋の光・救いまでを書き切っていただきたいです。


週刊ヤングジャンプ編集部


「少年のアビス」作者 峰浪りょうからのコメント
時々、若い頃に戻りたいという話を聞きますが私は絶対に嫌です。『地元』にいた十代の頃、私はいつも悲観の渦中にいました。悪化する家庭環境、身体の成長につれて募る様々なコンプレックス、それから逃れるすべが分からない…。

そんな中で物語を読んだり書いたりすることが小さな救いになっていたり、もしくはこんなことをしてもどうしようもないとさらに落ち込んだり…そんな日々を延々と繰り返してました。 けれど絶望していたわけではなかったのは、大人になった今もこうやって物語を書くことが証明しています。
私にとって書くことは救いです。「少年のアビス」を読んでなにかを書きたくなってくれたら、それがまた誰かの小さな救いになるのかなと思います。












posted by omega at 16:38| Comment(0) | マンガネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

マンガ「ワンピース」第988話について考える

マンガ「ワンピース」第988話ではどうなる?




これまでのあらすじ 
赤鞘九人男の討ち入りに、侍たちが立ち上がる。 

続々と鬼ヶ島に到着するルフィ達の仲間に、百獣海賊団は大慌てで迎え撃つ。


混沌となった鬼ヶ島の中で、ルフィはカイドウとビック・マムに、お前ら全員ぶっ飛ばしに来たんだ‼! 全面全面戦争だ‼!と叫ぶ。


戦闘体制となったカイドウとビック・マムを前に、ルフィたちはそのように立ち向かうのでしょうか。 



第988話ではヤマトとうるティが衝突するかも。


うるティはルフィと戦っていたところをヤマトに邪魔され、怒り心頭でヤマトとルフィを追う。



彼女の攻撃を棍棒で受け止めたヤマトは、自分がカイドウの敵になると告げ、周りの百獣海賊団の面々に対し牙を向く。



ヤマトの悪魔の実の能力というのが、リュウリュウの実モデル”パキケファロサウルス”。動物系古代種である恐竜の能力故非常にタフさと、凄まじい威力の頭突きと腕力を持つ。



一方のヤマトの実力は、うるティを一時期戦闘不能にしたという戦闘力が高く、不意討ちではなく真正面からの戦いとなる。



ヤマトとうるティが戦っている場所に、同じ「飛び六胞」のフーズ・フーが向かう、本気で襲い掛かってくるうるティたち。ヤマトは流石に本気を出さねばならなくなると思います。



花の都でとらえられていた侍たちや、兎丼の囚人たち、ローやマルコ、ペロスペローたちの参戦や、ネコマムシが呼び寄せたゾウの戦士たち、ミンク族が龍に変身したカイドウを取り囲んでいました。


続々とルフィ側の見方が増えいき、所在不明になっていたローが姿を現しているシーンが見られました。






posted by omega at 12:21| Comment(0) | マンガネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月18日

ワンピースに登場するヤマトが無駄に美形 

ワンピースに登場するヤマトの正体が明らかにされたけれど、無駄に美形な気がします。


ヤマトが女の子だったという情報もあって、カイドウの人間性が新たに出来きたような。


「光月おでんになりたいって言ったらぶっ飛ばされた」とヤマトは言ってたが、そのカイドウは今大和を「バカ息子」と呼んでいます。
 

第978話では、間接的に存在が判明して、979話で名前が登場。あの四皇・百獣のカイドウの息子(実子か養子かは不明で)カイドウがバカ息子と呼んでいる。


ヤマトはおでんの手記を持っているので、個人的ですが、ルフィとカイドウの因縁になるかもしれません。


ヤマトの正体が女であるという説。ヤマトはルフィの仲間になるというよりも、国を出て自由になりたいような気がする。

ヤマトという名前ですが,2つ意味があって、1つは、ワノ国のモチーフ、日本の古称(雅称)「大和」からきている。2つ目は、日本古代史上の伝説的英雄「ヤマトタケル」から。


ヤマトタケルのエピソードにも、ONE PIECEに繋がる物語が幾つかあります。


























posted by omega at 15:35| Comment(0) | マンガネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする