2020年09月08日

謎に包まれていたヴァニーの過去が明らかになる「空挺ドラゴンズ」コミックス第9巻の内容

捕龍船「クィン・ザザ」号のミカ達は、“屠龍船”「プラナ・グラーヴァ」号のクルガ達と、大変美味とうわさの天山迷路の龍を巡って空の戦いを繰り広げるシーンが描かれた「空挺ドラゴンズ」コミックス第9巻。  


第9巻では、決着が見えたその時、ミカ達の目の前に初代クィン・ザザ号を堕とした因縁の龍が姿を現し、クィン・ザザは、龍に目がない「あの男」とコンタクトを取ることになり、謎に包まれていたヴァニーの過去が明らかになる。



空挺ドラゴンズ(9)




内容と見どころ 



龍の生け捕り、ヴァニーとブルノが挑むシーンから、龍は尻尾をムチのように使い、近づくことができない。


直撃するとひとたまりもなく、そこで雲を迂回して、反対側から接触する作戦に。


ヴァニーは龍を見失うが、真正面の雲から龍が現れ、このまま進むと直撃してしまう。


「そのままギリギリをすり抜けなさい」とブルノにそう指示するヴァニー。龍を回避しながら、ヴァニーは龍の背に乗ることに成功する。


そして鎮静剤を打ち込んで、龍の生け捕りに成功。捕獲して船内に連れ込むと、龍はいきなり目を覚まし自ら切る。


発振器を受け取り龍に取り付けようとするミカは、龍に捕まりながら一緒に落下してしまう。


するとブルノが空中無線局に「直ちに電波を停止せよ」と連絡する。龍が目を覚まし暴れた訳が、電波だと推測する。


電波によって一種の”空間識失調”に陥ったのだと考えていた。


推測通り電波を停止した途端に、龍は正気を取り戻したのか、街への落下を防ぐことができた。


クルーたちの前にリリオペが来て「明日こそ解纜式を行う」と言い、この度の労を労わせてくださいと切り出し、宴が行われる。  


ミカ&タキタはどちらも何事にも真っ直ぐで食べるってことへの執着が凄い。「雲に還りて、また良き風起こせ」ってタキタのセリフや食べるために捕龍して感謝したり、ヴァナベル&ジローは捕龍士として龍の捕り方で食べたり捕ったりするシーンは見どころです。








posted by omega at 11:37| Comment(0) | マンガランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

アニメイト横浜ビブレで「NEW GAME!」の複製原画展を開催中

「NEW GAME!」コミックス最新第11巻の発売に合わせてアニメイト横浜ビブレで複製原画展を開催。 


期間中に本作の対象書籍を購入すると原作者の得能正太郎サイン入り複製原画の当たる応募券がもらえる。


描き下ろし特典が、とらのあなとメロンブックスではクリアファイル、アニメイトでは複製ミニ色紙、Wonder GOOではポストカード、まんが王ではイラストカード、ゲーマーズではブックカバーを、COMIC ZINでは小冊子を用意。


複数書店ではメッセージペーパーを各書店で配布。













posted by omega at 18:13| Comment(0) | マンガランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

特別描き下ろし17ページを収めた「メイドインアビス」コミックス第9巻の内容

「メイドインアビス」コミックス第9巻でわかること。

 

レグとファプタを中心に話が進んで、ワズキャンの本音やファプタの過去、記憶をなくす前のレグのこと。


過去にレグは、やはりリコの母親によってアビスの底で一緒に暮らしていたのではないかと思わせるシーンが収められています。


コミックスには、特別描き下ろし17ページで、謎が解き明かされているので、愕きです。


8巻では、謎が謎を呼んだということではなく、リコ・レグ・ナナチ一行が初めて6層に到着して一晩眠っている間にリコの白笛が奪われてしまい、動物に髪の毛、などが発生してしまう。ファプタとがブーリンが何を思ってあんなことをしたのか?といったシーンが描かれています。


ファプタの正体というのは、成れ果ての村の姫で、価値の化身として、住人から「自分たちが最も欲しくて最も恐れている」存在である。

彼女は、イルミューイが産んだ最後の子供で、イルミューイが子供を奪われ続けた恨みや悲しみを受け継いでおり、村を滅ぼし、イルミューイを解放することを目的としています。



ファプタがつぶやいた言葉と、アビスの謎が更に解き明かされていく中で、謎が深まるような意味深なことも言っています。

眠りこけるリコの匂いを嗅いだファプタが、「母の同じ物を感じそすが、なにが違う?こいつのたましいはどこからきた?」というセリフは、一度失われた命を遺物で取り返したリコの魂はアビスにつながっているのではないかと推測します。









posted by omega at 12:03| Comment(0) | マンガランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする