2020年05月14日

「鬼滅の刃」コミックス第20巻発売記念にマンガアプリ・ゼブラック限定で炭治郎や禰豆子たちの壁紙やクリアファイルをプレゼント

「鬼滅の刃」コミックス第20巻発売記念企画として、マンガアプリ・ゼブラック限定で購入者に炭治郎や禰豆子たちの壁紙を、同じイラストを用いたアクリルアートを応募者の中から抽選で50名にプレゼント。







応募の締切は6月14日23:59まで。



「鬼滅の刃」コミックス第20巻特装版に同梱されている内容 
特装版には限定ポストカード全16種セットを用意。ポストカードに加え、竈門禰豆子の可愛いイラストを使用したケースを付属。ポストカードには「竈門炭治郎」「竈門禰豆子」「我妻善逸」「嘴平伊之助」「栗花落カナヲ」「不死川玄弥」や、鬼殺隊の柱「冨岡義勇」「煉獄杏寿郎」「胡蝶しのぶ」「宇髄天元」「時透無一郎」「甘露寺蜜璃」「不死川実弥」「悲鳴嶼行冥」「伊黒小芭内」、「鬼舞辻無惨」を用意。








コミックス第20巻の表紙は、竈門隊士と同じ耳飾りをつけた剣士が目印。




20巻では 
黒死牟によって戦闘不能にされ、時透と玄弥が、どうにか立ち上がり、最期まで戦い抜くことを誓う。


黒死牟は、「痣が発現した者は25歳までに死亡する」という事実を、悲鳴オに対して明かし、覚悟を決めていた悲鳴オは、動揺することもなく、戦闘を再開。


傷を縫い、無理やりに立ち上がった不死川と共に、黒死牟の打倒を決める。


玄弥は、黒死牟の髪を喰い、戦力の向上を図る中。悲鳴オと不死川は、圧倒的な実力を持つ、黒死牟に対し、連携を用い、終始有利に戦いを進めていく。


そんな中、黒死牟の使う異形の刀が、更に異質な形へと変形し、攻撃範囲をことさら向上させ、再び攻守を、逆転されてしまう。



時透決死の再参戦 悲鳴オも新たな力を得て決戦は終幕を迎える。


伸び続けた黒死牟の間合いと、絶大な攻撃力を前に、悲鳴オたちは、絶望を感じ始めます。そして、戦いが一方的なものとなり、ついに不死川に、致命の一撃が叩き込まれようとした時。 


片腕をなくし、ひどい失血で、戦闘もままならなくなってしまったはずの、「霞柱」時透の姿や、総攻撃で頸を落とされる黒死牟 そして明かされる継国兄弟の過去も。



老いた姿で現れた縁壱により、命を脅されるも、寿命の差によって、九死に一生を得る。


400年前の黒死牟。その際の屈辱を糧として、黒死牟は、これまでで最大の攻撃を、全身から放ち、時透と玄弥は、全身を裂かれ、致命傷を負ってしまう。


2人の最期の攻撃が、黒死牟の動きを、一瞬止める事に成功する。その隙を突いた、悲鳴オの鉄球が、ついに黒死牟の頸を、落とす。


頸を斬られ、敗北を感じ取った黒死牟は、その事実を認めず、頸をなくしたまま、悲鳴オたちへの、反撃に出る。


それにより、これまでと打って変わった、モンスター然とした姿に、なってしまった黒死牟は、そんな己の姿を見て絶望。体が崩壊を始める中、黒死牟は、「日の呼吸」の使い手であった、双子の弟・縁壱へと、思いを馳せる。





双子として生まれながら、親からの期待を受けて育つ黒死牟こと継国巌勝(つぎくに・みちかつ)と、冷遇されていた弟・縁壱は、稽古の場にて、縁壱は、一族の誰よりも優れた、比類なき実力を見せ、その事は、巌勝に、深い嫉妬心を抱かせる。



巌勝と違い、向上心のようなものを、持たなかった縁壱は、兄弟の母の死をきっかけに蒸発。行方をくらます。



10年経ったのち、巌勝と再会した縁壱は、歴史の裏で鬼を倒す、「鬼狩り」になり、縁壱の圧倒的な強さに、改めて衝撃を受けた巌勝は、縁壱の背を追い、「鬼狩り」へと参加。しかし巌勝は、結局、縁壱の強さに追いつく事が出来ず、またもや、深い嫉妬と絶望に変わる。



巌勝は、無惨と出会い、縁壱のような強さを手に入れるため、鬼になりました。その後縁壱は、寿命によって死にます。


「縁壱のようになれなかった」という事実は、黒死牟となった巌勝の心に、深い敗北感を去来させ400年後、悲鳴オたちに敗北した黒死牟は、今もまた、「縁壱になれなかった」という、絶望感に苛まれながら、塵となって、消えて行く。




posted by omega at 15:01| Comment(0) | マンガ コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: