2019年05月31日

TVアニメ『SSSS.GRIDMAN』スペシャルイベントでコミカライズ、ノベライズのスピンオフ、舞台化が決定

TVアニメ『SSSS.GRIDMAN』のスペシャルイベント第2弾「SSSS.GRIDMAN SHOW02」にてコミカライズ、ノベライズのスピンオフ、舞台化が決定。



コミカライズを務めるのは


月刊コミックアライブ『新世紀中学生日記』
漫画:あり子
内容:新世紀中学生4人たちの日常を描くコメディ。猫を追いかけたり、スーパーで買い物したり、みんなで鍋をつついたり……。アニメでは描かれなかった新世紀中学生たちの、本当にゆる〜いお話。

月刊コミックアライブ『姫とサムライ』
漫画:戸流ケイ
内容:ツツジ台にやってくる以前のサムライ・キャリバーと、キャリバーから5本目の刀を託される少女・久月姫(くづきひめ)の物語!

少年ジャンプ+『コミカライズSSSS.GRIDMAN(仮)』
漫画:今野ユウキ
内容:『SSSS.GRIDMAN』のアニメ本編を、ジャンプ期待の新鋭が精密かつ迫力の筆致で描き出す!

秋田書店『(タイトル未定)』
漫画:迫ミサキ
内容:執事ゲームの世界に飛び込んでしまった新世紀中学生の4人。彼らはそこで執事として働くことになって!?

秋田書店『(タイトル未定)』
漫画:風上旬
内容:「またイヤなことがあったんだねぇ、アカネくん。」アカネは作る。今日も怪獣を作る。六花が大好きなアカネ、そしてアレクシスが生み出す、日々の感情のリアライゼーション!!

月刊少年チャンピオン『戦国グリッドマン(仮)』
漫画:田村ゆうき
内容:驚異的な絡繰技術を持つ小国が舞台。城下を練り歩く絡繰兵が、人々に襲いかかろうとしていたその時、謎の鎧武者が現れて…!?
















posted by omega at 18:20| Comment(0) | マンガの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おすすめのアプリについて

マンガアプリを使いたいのですが、色々ありすぎて特徴が良く分からない、という方へおすすめのアプリを紹介。




普段、マンガを読む習慣は無く、単行本を買ってまで読むとなると置き場所も無くて、お金もかかりますよね。


でも、アプリだと手軽に買えて置き場所も困らないです。


GANMA、全ての漫画が無料で全話読むことができます。


有料会員になれば1話だけ先読みできます、いつでも好きなときに無料で好きなマンガを読むことができ、読み返しも無料です。


隔週更新してる漫画もあれば毎週更新してるマンガもあります。 


マンガワン、毎朝9時、夜9時に所持数が4になるように無料で「ライフ」というものが配られます。



イベントなどでライフ貰えることがあります。所持数制限はないですが、既に4ライフあるときは毎日9,21に配られるのは貰えません。


1ライフ1話です。


他に「SPライフ」というものがあって、これは先読みやおまけページを見るのに使えます。


普通に1話見るのにも使えます。これは課金で手に入ったり、広告視聴でもらえます。


初インストール時には100SPライフを無料で貰えた気がします。



GANMAとは違いポイント制ですので読む量の制限はあります。 



読み返しも一定期間たつとライフではなくSPライフを使わなければ読む返すことが出来なくなってしまいます。



マンガワンと同じく隔週更新してる漫画もあれば毎週更新してるマンガがあります。





posted by omega at 15:18| Comment(0) | おすすめのマンガアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漫画家になるためにすること

漫画家になるため、連載を目指しているけれど何をすればいい。



連載でスマホアプリでずっとやっていける自信があるのなら、スマホでいいと思います。

ペン入れだけで、紙で描いてデータにするとか、下書きからペン入れ仕上げまで全部デジタルでやるのかなどありますが、デジタルで描けるのならデジタルの方が安上がりですね。


タブレットがいい!と思い、スマホで描いてた人が、すぐにタブレットを使えるかというと難しいです。

最初にアナログで描き、デジタル移行に伴いペンタブで描いてみましたが、違和感がありました。


連載まで視野に入れ、本気でやろうとされているのであれば、最初からひとつに絞るといいです。


ペンタブを手に入れられるようになってから、同じような作画が出来るように頑張るというのは、かなりの努力が必要になるとので、いずれペンタブに移行しようと思っているのであれば、なるべく早くペンタブを導入した方がいいです。






posted by omega at 15:04| Comment(0) | マンガ家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする